3人のナース

乳癌の治療を行なっていきましょう~安心病気克服~

坐骨神経痛の原因です

カウンセリング

どうして発生するのか

腰部脊柱管狭窄症は腰椎椎間板ヘルニア同様、坐骨神経痛の原因です。腰部脊柱管狭窄症はどうして発生するのかというと、主に加齢に伴い腰部の骨や関節、椎間板や靭帯等が肥厚して脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されるために起こるのです。坐骨神経痛を患っている人が、腰部脊柱管狭窄症から来る痛みなのか、または腰椎椎間板ヘルニアから来る痛みなのかを見分けるには、間欠性跛行の有無で確認できます。間欠性跛行というのは、しばらく歩いていると脚の痛み等で歩けなくなるのですが、しばらく前屈姿勢で休むことで再び歩くことができるというものです。要するに、間欠性跛行が起こる人は、腰部脊柱管狭窄症から来る痛みを持っていることになります。

タイプと治療法

腰部脊柱管狭窄症のタイプと治療法についてお話しします。腰部脊柱管狭窄症には次の3タイプがあります。まずは、馬尾型と呼ばれるタイプです。これは脊柱管の中央部が圧迫されるもので、両足にしびれや冷感、そして痛みを感じます。次に、神経根型と呼ばれるタイプです。これは馬尾神経から枝分かれした神経の根元が圧迫されるもので、主に片方のお尻から足へかけての痛みが特徴的です。最後に、混合型と呼ばれるタイプで、馬尾型と神経根型の両方が現れているものです。腰部脊柱管狭窄症の治療には、第一に炎症を鎮めるための安静が必要です。また椎間板ヘルニア同様に神経の痛みを抑えるブロック注射を打ったり、手術によって脊柱管を広げる場合もあります。

Copyright© 2016 乳癌の治療を行なっていきましょう~安心病気克服~ All Rights Reserved.