3人のナース

乳癌の治療を行なっていきましょう~安心病気克服~

手術をするなら

ナース

椎間板が飛び出して起こる

椎間板ヘルニアとは、椎間板が飛び出して起こる神経の痛みを伴う病気です。そして、椎間板ヘルニアが腰椎や仙骨間で起こったものを腰椎椎間板ヘルニアと呼んでいます。椎間板は通常、椎骨間にあってショックを和らげるためのクッションの役割を果たしています。しかし何らかの原因により、椎間板の中央部にある髄核が、その周囲にある線維輪を突き破ってしまうことがあるのです。そして、髄核の一部が脊柱管の中の神経やそこから出ている神経根を圧迫して症状が出てくるのです。椎間板ヘルニアの症状は起こった場所によって異なりますが、腰椎椎間板ヘルニアの場合では、腰痛を始め坐骨神経痛を引き起こし、脚のしびれや痛み等を感じるようになります。そして、腰椎椎間板ヘルニアの治療は安静が第一です。

炎症が起こっています

腰椎椎間板ヘルニアが発生した部分の神経には、炎症が起こっています。ですから、すぐに椎間板ヘルニアを取り除いたとしても、しばらくの間は痛みが残るのです。ですから、腰椎椎間板ヘルニアの治療には身体を休めることが大切になるのです。しかし、時としてそれだけでは痛みが取れない場合があります。そのような場合には、消炎効果や鎮痛効果がある注射を打って、症状を緩和することがあります。また診断の結果、治療には手術が必要な場合もあります。手術による治療では、熟練した医師による執刀が必要となることから、信頼度の高い病院を探すことから始める必要があります。そこで、インターネットの口コミ情報サイト等を参考にすれば、評判の良い病院が見つかるはずです。

Copyright© 2016 乳癌の治療を行なっていきましょう~安心病気克服~ All Rights Reserved.