3人のナース

乳癌の治療を行なっていきましょう~安心病気克服~

ぎっくり腰の原因になる

看護師

どのような状態なのか

今までに、ぎっくり腰を経験したことがある人も多いのではないでしょうか。その原因のおよそ15%が腰椎椎間板ヘルニアと腰椎の骨折によるものだと言われています。残りの85%については原因がはっきりしておらず、筋肉系のトラブルが主体だと考えられています。ぎっくり腰の原因となる腰椎椎間板ヘルニアとは、どのような状態なのかと言うと、腰椎と腰椎の間にある椎間板が脊柱管の中を通る神経に触れるために、腰部の激しい痛みや坐骨神経痛と言われる脚のしびれや痛みが起こるのです。椎間板の構造は、まるで平たいクリームパンのような構造をしており、パンの部分が繊維輪と呼ばれ、中のクリームの部分が髄核と呼ばれるものです。そして、パンが破れ中のクリームが脊柱管に押し出された状態を椎間板ヘルニアと呼ぶのです。

どのように治すのか

腰椎椎間板ヘルニアになってしまった場合、どのように治すのかと言うと、まずは安静にすることが大切です。腰椎椎間板ヘルニアを起こすことで、患部に炎症が起こって痛みの大きな原因になることが分かっています。ですから、痛みを抑えるためには安静にして炎症を抑えることが大切なのです。それでも痛みが取れない場合には、ブロック注射と呼ばれる局所麻酔薬やステロイド剤を患部に注射して治療することもあります。その他の腰椎椎間板ヘルニアに対する治療法としては、レーザー治療や内視鏡を用いての椎間板摘出手術等があります。手術を行う場合には、治療実績が豊富で信頼できる病院を探すことが重要となりますから、インターネットを活用して病院の評価を確かめましょう。

Copyright© 2016 乳癌の治療を行なっていきましょう~安心病気克服~ All Rights Reserved.