メディカル

乳癌の治療を行なっていきましょう~安心病気克服~

坐骨神経痛の原因です

カウンセリング

腰はどの場面で使われていて、その事から症状などが多くあります。その内に含まれるのには腰部脊柱管狭窄症などがあり、これは神経が刺激されて腰部脊柱管狭窄症になるのですが、その他の腰の症状と似ているため判別が難しいと言えます。

読んでみよう

Recommend Link

  • 瀬田クリニックグループ

    最新の免疫療法について相談するならここへ。がん細胞を死滅させるための力を付けられるということで、多くの注目が寄せられています。
  • 抗がん剤の副作用を知るサイト

    抗がん剤の副作用について知るならここへ。正しい用法用量について知っておくことで、最小限に抑える飲み方を把握することができます。

背骨のトンネルの異変

看護師

原因は背骨の老化

背骨の中央にある脊柱管と呼ばれるトンネル状の神経の通り道が狭くなります。狭くなる場所が腰椎の部位だと脚のしびれや痛みなどの症状が現れます。このような背骨の状態を腰部脊柱管狭窄症といいます。生まれつき脊柱管が狭い人もいますが、多くは加齢により背骨が変性して脊柱管が狭くなるとされています。そのため中年以降に多いことが明らかになっています。腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状は坐骨神経痛と間欠跛行です。しばらく歩くと脚がしびれたり痛くて歩けなくなりますが、休憩するとしびれ等が取れて再び歩けるようになります。このような状態が繰り返し現れることを間欠跛行といいます。また背中を反らすと脊柱管が狭くなり、前かがみになると広がります。ですからイスに座ったり前かがみになると楽になります。脊柱管狭窄症は症状の違いによって3つのタイプに分けられます。痛みがなく両脚がしびれる馬尾型です。脊柱管を通る神経の束の馬尾が圧迫されるとこのような症状がでます。もう一つは片側の脚だけに症状がでる神経型です。馬尾から分かれた神経の根元が圧迫されることで症状がでます。神経型と馬尾型が合わさった混合型も存在します。

治療の流れ

腰部脊柱管狭窄症の治療は日常生活が楽に過ごせることを目的としています。始めは薬を使った保存療法から行います。この保存療法を3〜6ヶ月続けても効果が認められない場合は手術療法を考えます。ただし、膀胱直腸障害や強い神経障害が見られる場合は異なります。このようなケースは時間が経過すると神経の回復が難しくなるため直ちに神経への圧迫を除く手術を行ないます。腰部脊柱狭窄症では脚の痛みやしびれのために歩くことが困難な場合が多いので、日常生活で困らない範囲で歩けるようになれば薬物療法は成功したと考えられています。しばらくして症状がおさまってきたら、薬を少しずつ減量します。薬が無くても困らないようであれば治療は終わります。しかし症状が取れない場合は違う種類の薬を試します。それでもダメな場合は神経ブロックを行ないます。これらの薬物療法は原因を治しているのではないため、痛みなどの症状は軽減してもゼロになるとは限りません。腰部脊柱管狭窄症の薬物療法によって日常生活に困らないのであれば、手術は受けないという選択もあります。

乳癌の検査

最近は乳癌に悩んでいる女性も多くなってまいます。乳癌の目安としては、乳房に現れるしこりのようなものがあります。乳房にしこりを確認することができる場合には、すぐに専門的な検査を受けるようにしましょう。乳癌の発見は早期であることが大切です。進行を進めてしまうと命の危険もあるのです。

ぎっくり腰の原因になる

看護師

高齢者の方に多く見られるのにはぎっくり腰などがあります。これは8割の方が理由がはっきりしていないのです。ですが判明してい方の理由には腰椎椎間板ヘルニアからくるのがぎっくり腰であり、それに至るまでには原因があるのです。

読んでみよう

手術をするなら

ナース

腰は体のバランスを司る大事な箇所です。その腰などには頚椎椎間板ヘルニアなどがおきたりします。そうなる事で引き起こすのがぎっくり腰である、これでは物凄い痛みとなりますので、ちゃんとした治療が必要でしょう。

読んでみよう

Copyright© 2016 乳癌の治療を行なっていきましょう~安心病気克服~ All Rights Reserved.